中性脂肪とは余分な脂肪のこと|脂質の過剰摂取を抑える方法

婦人
このエントリーをはてなブックマークに追加

太りやすい部分を改善

ウエスト

ダイエットをしているとき、ぽっこりお腹がなかなかなおらないということに悩む人も少なくありません。手足や上半身は痩せても、下半身やぽっこりお腹は痩せないという人も多いです。なぜかというと、ぽっこりお腹となる原因には脂肪だけではないためです。胃腸の疲れや、腹筋のおとろえ、骨盤の歪み、便秘などもぽっこりお腹の原因となります。もともと腹部は脂肪がつきやすく落ちにくい部位であり、特に女性は脂肪がつきやすいです。また、胃腸がある部分なので食べたものやお通じの具合にも左右されてしまいます。そのため、脂肪を落とすのも困難であり、他の原因も多いためぽっこりとお腹が出てしまうのです。何とかするには、食生活や腹筋を鍛えるだけでなく、サプリメントや健康食品なども併用して脂肪を燃焼させ便秘などを改善していくことが重要です。

ぽっこりお腹を効果的に改善するためには、そうなってしまった原因を見極めてから対処することが重要です。産後に骨盤が開いた状態であるならば、骨盤の歪みを整体などで治すことが先決でしょう。胃下垂により食後にお腹が出てしまうというのは体質なので直す必要はないともいえます。そうでなくて、脂肪が多い場合や便秘が原因となっている場合は、適切なサプリメントなどの使用がおすすめです。脂肪が多い場合には、腹筋を鍛えることと脂肪燃焼効果のあるサプリメントの併用がよいでしょう。筋肉を鍛えることで体のラインもきれいになりますし、脂肪が燃焼しやすい体になります。糖質や脂質の吸収を抑えるサプリメントもおすすめです。また、便秘だとどんなに筋トレを頑張っても効果が出にくいので、先に解消しましょう。乳酸菌や食物繊維などの含まれた食品やサプリメントをとるとよいでしょう。